阿修羅像【八部衆】(あしゅらぞう)

【年代】 奈良時代
【所在】 国宝館
【指定】 国宝
【技法】 脱活乾漆造、彩色
【法量】 像高 153.4cm
【公開情報】 常時公開

梵語(ぼんご)(古代インド語)のアスラ(Asura)の音写で「生命(asu)を与える(ra)者」とされ、また「非(a)天(sura)」にも解釈され、まったく性格の異なる神になります。ペルシャなどでは大地にめぐみを与える太陽神として信仰されてきましたが、インドでは熱さを招き大地を干上がらせる太陽神として、常にインドラ(帝釈天)と戦う悪の戦闘神になります。仏教に取り入れられてからは、釈迦を守護する神と説かれるようになります。
像は三面六臂、上半身裸で条帛(じょうはく)と天衣をかけ、胸飾りと臂釧(ひせん)や腕釧(わんせん)をつけ、裳をまとい、板金剛をはいています。
 

【 関連項目 】
乾漆八部衆立像(はちぶしゅうりゅうぞう)
阿修羅像(あしゅらぞう)
五部浄像(ごぶじょうぞう)
沙羯羅像(さからぞう)
鳩槃荼像(くばんだぞう)
乾闥婆像(けんだつばぞう)
迦楼羅像(かるらぞう)
緊那羅像(きんならぞう)
畢婆迦羅像(ひばからぞう)