年中行事

三蔵会

(さんぞうえ)

年中行事一覧

 『西遊記』で有名な三蔵法師。彼の名は玄奘。インドに渡って多くの経典を中国に持ち帰り、サンスクリット語から 漢字に翻訳する訳経事業に力を注いだことはあまりにも有名です。

 玄奘が請来した経典のうち、法相宗(興福寺・薬師寺)の教えの根幹である「唯識」に関わるものが多く、 その後、法相宗を開いた慈恩大師基も玄奘の下で翻訳活動を行ったため、法相宗にとって玄奘は 「鼻祖」というべき重要な存在です。その玄奘三蔵の遺徳を偲ぶ法要を、命日である3月5日に厳修します。

 会場は涅槃会と同じく、通常は非公開である本坊の北客殿にて、玄奘三蔵の画幅を懸けて法要を執り行います。 二箇法要に加え経釈・論釈、簡易な論義も行われます。どなたでも参拝・聴聞出来ます。 法要は10時~、参拝は16時まで可能ですので、どうぞお参りください。

現在のご拝観について
現在のご拝観について