木造無著・世親立像(むじゃく・せしんりゅうぞう)

【年代】 鎌倉時代
【所在】 北円堂
【指定】 国宝
【技法】 寄木造、彩色、玉眼、桂材
【法量】 像高(無著像)194.7cm (世親像)191.6cm
【公開情報】 春・秋一定期間公開

釈迦入滅後約千年を経た5世紀ころ、北インドで活躍し、法相教学を確立した無著と世親の兄弟の彫刻で、弥勒如来像の両脇に安置されています。
両像ともに2段に組んだ洲浜座(すはまざ)に、本尊側の足をわずかに踏み出して立ちます。無著像は老人の顔で右下を見、世親像は壮年の顔で左を向き、遠くを見ます。運慶の指導のもとに無著像は運助、世親像は運賀が担当したことが知られます。天平彫刻の写実性と、弘仁彫刻のたくましい量感とをあわせ持ち、強烈な自信にみちあふれる姿は、日本肖像彫刻の最高傑作と言うにふさわしいものです。

現在のご拝観について
現在のご拝観について