各種お知らせ

興福寺国宝特別公開「五重塔」

当山の五重塔は天平2年(730)に興福寺の創建者である藤原不比等の娘・光明皇后が発願して建立しました。5回の焼失と再建を経て、現在の塔は室町時代・応永33年(1426)に建てられました。猿沢池の水面に映る塔は、古都奈良を象徴する存在です。

特別公開は本年3月に実施を予定しておりましたが、新型コロナの感染急拡大に伴い、延期を余儀なくされました。この度、感染防止対策を最大限講じた上で、実施することとなりました。公開終了後は、明治33年(1900)以来、約120年ぶりの大規模修理に入ります。工事中は素屋根で塔が覆われ、現在の姿を外から眺めることはしばらく叶いません。工事着工前に初層内陣を拝観できる、大変貴重な機会となります。ぜひ、ご参拝ください。

 


 

会期 2022年9月17日(土)~10月16日(日) 期間中、無休です(気象警報発令などによる臨時閉堂を除く)。

時間 9時~17時(最終受付16時45分)

※10月1日(土)は、東金堂前庭にて「塔影能」を開催するため、ご拝観は16時までとなります(最終受付15時45分)

 

拝観料(護符付き) 大人・大学生:1000円  中高生:600円  小学生:400円

(20名以上の団体料金は、大人・大学生:900円、中高生:500円、小学生:300円となります)

※拝観券は、「勧進所」にて販売します。

※特別公開チケットを国宝館にてご提示頂きますと、国宝館拝観料を団体料金適用とさせて頂きます。

 

・五重塔の特別御朱印、切り絵特別御朱印を参拝者限定で授与いたします。

特別御朱印300円、切り絵特別御朱印1000円(お一人1枚) 五重塔柵内の朱印所にて受付いたします。

(五重塔以外の朱印については南円堂納経所にて授与します)

 

・期間中、修理調査の作業員が出入りすることがあります。ご了承ください。

 

【新型コロナウイルス感染拡大防止のためのお願い】

・ご拝観の際、マスクの着用、手指消毒をお願いします。

・発熱、咳などの呼吸器症状が著しい場合は、拝観をご遠慮ください。

・人との間隔を空けて整列、ご拝観頂く等、適正距離の確保をお願いします。

・塔内は狭いため、長時間の滞留はご遠慮願います。

・会話はなるべくお控え頂き、お静かにお参り願います。

・塔内が混雑する場合は、一時的に入場制限をする場合があります。

・感染拡大の状況により、拝観を中止する場合があります。

 


お問い合わせ (電話受付:9時~17時)

本坊寺務所 0742-22-7755

 

現在のご拝観について
現在のご拝観について