年中行事

塔影能

(とうえいのう)

年中行事一覧

 興福寺の元貫首(寺務老院)・多川俊映の発願した興福寺塔影能。この塔影能では、能舞台の正面に座席がありません。なぜなら東金堂の本尊薬師如来に能狂言を奉納するものだからです。よって舞台を正面から見ることは出来ません。拍手も許されません。しかし、秋冷の大気の夜、ライトアップされた五重塔を背景に、おのずから荘厳な雰囲気の中で演じられます。往昔の人々の息吹を感じられる塔影能を是非ご陪観下さい。

 毎年10月の第1土曜日に開催。一山僧侶による読経後、能狂言が演じられます。雨天の場合は奈良県文化会館にて開催します。(陪観ご希望など、お問い合わせは本坊寺務所まで)

 ※興福寺と能との関係についてはこちらもどうぞ。

現在のご拝観について
現在のご拝観について