文化財

「国宝」「重要文化財」

羅ご羅像(らごらぞう)


©飛鳥園

【制作時代】 奈良時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 国宝
乾漆造 彩色 奈良時代
像高 149.4cm

 釈迦が出家する以前に夫人のヤスダラ妃との間に生まれた子でした。釈迦がさとりを得られ、はじめて故郷のカピラ城に里帰りされた時に弟子になります。釈迦が定めた決り(戒律−かいりつ)をよく守り、人々の模範となり、戒行(かいぎょう、蜜行−みつぎょう、忍辱−にんにく)第一の人と称されます。釈迦の子として他人から絶えず注目されていることをよく知っており、人の二倍も三倍も努力し、また身をつつしんだと言われます。
 像は正面を向き、目を閉じ、両手は腹前で袈裟(けさ)の中につつみます。その袈裟は求心的にまとめられます。