文化財

「国宝」「重要文化財」

薬師経(やくしきょう)


©飛鳥園

【制作時代】 鎌倉時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
巻子装 鎌倉時代
縦26.0cm 横575cm 紙数12紙

 木造薬師如来坐像の像内に収められていた宝治元年(1247)の奥書きを持つ『薬師経』です。これは長和2年(1013)に造られた像が、233年後の宝治元年(1247)に修理され、その完成時に『薬師経』が書写され、先の『色紙薬師経』とともに、蓮台(れんだい)に乗せられた竹筒に巻き重ねて納入されていたことが知られます。
 像内に納められる経典の中で、最も多いのは陀羅尼(だらに)で、次いでこのような本願経で、また発願者ゆかりの経典などが納入されることもあります。