文化財

「国宝」「重要文化財」

木造維摩居士坐像(もくぞうゆいまこじざぞう)


©飛鳥園

【制作時代】 鎌倉時代
【安置場所】 東金堂
【文化財】 国宝
桧材 寄木造 彩色 玉眼 鎌倉時代
像高 88.1cm

 古くから仏教徒の模範とされてきた人物で、有名な『維摩詰所説経(ゆいまきつしょせつきょう)』は彼が仏教徒に理解を深めることを述べた経典として、今日でも広く読まれます。
 若く溌剌とした表現をする文殊菩薩(もんじゅぼさつ)像に対して、老人の顔で病弱の維摩居士の姿を表現します。像内の墨書から建久7年(1196)に仏師定慶が53日で彫り、法橋幸円が50日で彩色を施したこと、また台座(だいざ)天板の墨書から長禄4年(1460)に補彩されたことが知られます。