文化財

「国宝」「重要文化財」

木造薬師如来坐像(もくぞうやくしにょらいざぞう)


©飛鳥園

【制作時代】 平安時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
桜材 一木造 漆箔 彫眼 平安時代
像高 107.5cm

 薬師如来は東方浄瑠璃光(じょうるりこう)世界の国王で、私達の心と身の病気を治して下さいます。
 像は体のバランスもよく、目鼻立ちもはっきりしており、肉身も強く引き締まり、はつらつとした若々しい像です。頭から体を通して芯持ちの1木の桜材から彫り出したもので、両肩外側にのみ別材をつけます。像内には竹筒に、長和2年(1013)の奥書きを持つ『色紙薬師経』と、宝治元年(1247)の奥書きを持つ『薬師経』が重ねて巻き込んで入れられていました。このことから長和2年に造られ、宝治元年に修理されたことが知られました。