文化財

「国宝」「重要文化財」

木造弥勒如来坐像(もくぞうみろくにょらいざぞう)


©飛鳥園

【制作時代】 鎌倉時代
【安置場所】 北円堂
【文化財】 国宝
桧材 寄木造 彩色 彫眼 鎌倉時代
像高 141.9cm

 北円堂の本尊像で、弥勒菩薩(みろくぼさつ)が56億7千万年後に成仏(じょうぶつ)した姿です。
 像内には建暦2年(1212)の年号が書かれた願文などが納入されており、、また台座内枠には源慶、静慶、運賀、運助、運覚、湛慶、康弁、慶運、康勝ら慶派仏師の名が墨書されます。源慶が中心になって造られたのですが、彼らを統率していたのが巨匠運慶で、運慶晩年の名作として知られます。
 脇侍(わきじ)に法苑林(ほうおんりん)菩薩像と大妙相(だいみょうそう)菩薩像(室町時代 桧材 寄木造 漆箔 玉眼)を従えます。