文化財

「国宝」「重要文化財」

木造梵天立像(もくぞうぼんてんりゅうぞう)


©飛鳥園

【制作時代】 鎌倉時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
桧材 寄木造 彩色 玉眼 鎌倉時代
像高 181.3cm

 像内墨書から建仁2年(1202)に大仏師定慶が造ったことが知られます。興福寺には2組の梵天、帝釈天像が安置されていたと伝えられ、1組が先の鎌倉時代再興期の東金堂像であるとすれば、この像は西金堂像の可能性があります。これと一具の帝釈天像は寺から出ています。