文化財

「国宝」「重要文化財」

木造仏頭(もくぞうぶっとう)


©飛鳥園

【制作時代】 鎌倉時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
付 仏手(ぶっしゅ) 2箇
桂材 寄木造 漆箔 彫眼 鎌倉時代
像高 頂〜顎 98.0cm

 像内に「西金堂釈迦」と墨書されており、鎌倉再興期の文治5年(1189)ころに造られた西金堂本尊丈六釈迦如来像の頭部で、また仏手も同じ像の手の部分と思われます。幸いなことに享保2年(1717)の被災で、救い出されました。目鼻立ちが引き締まり、はつらつとして、仏師運慶の作と知られます。
 古記に「この像の眉間からは自然に光が発せられたので白毫(びゃくごう)はつけなかった」とあるように、この像には白毫が付いていません。