文化財

「国宝」「重要文化財」

木造地蔵菩薩立像(もくぞうじぞうぼさつりゅうぞう)


©飛鳥園

【制作時代】 平安時代
【安置場所】 仮講堂
【文化財】 重要文化財
桧材 一木造 彩色 彫眼 平安時代
像高 139.7cm

 あらゆるものを育て、限りない可能性を持つ大地の恵み、その大いなる力を仏格化したのが地蔵菩薩です。
 頭から足下の蓮台(れんだい)まで1本の木から彫りだされています。全体にずんぐりとしており、平安時代初期彫刻の特徴がみられ、安置されていた堂は不明ですが、10世紀の作と思われます。