文化財

「国宝」「重要文化財」

木造地蔵菩薩半跏像(もくぞうじぞうぼさつはんかぞう)


©飛鳥園

【制作時代】 鎌倉時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】
桂材 寄木造 彫眼 彩色 鎌倉時代
像高 50.8cm

 地蔵菩薩を半跏像(はんかぞう)にするのは、平安時代末期以降のことです。
 左手に宝珠(ほうじゅ)、右手に錫杖(しゃくじょう)を持ち、左脚を踏み下げて蓮華座(れんげざ)に座る、いわゆる延命地蔵形で、鎌倉中期のすぐれた遺例のひとつです。