文化財

「国宝」「重要文化財」

木造聖観音菩薩立像(もくぞうしょうかんのんぼさつりゅうぞう)


©飛鳥園

【制作時代】 鎌倉時代
【安置場所】  
【文化財】 重要文化財
桧材 寄木造 金泥塗 玉眼 鎌倉時代
像高87.0cm

 聖(正)観音菩薩は、さまざまに変化する観音菩薩の元の姿です。
 元興福寺大乗院に伝来した像で、明治時代に興福寺本坊に移され、持仏堂(ほんぼうじぶつどう)本尊となりました。
 納入文書から建長2年(1250)4月2日に大仏師快円が造ったことが知られます。