文化財

「国宝」「重要文化財」

木造釈迦如来坐像(もくぞうしゃかにょらいざぞう)


©飛鳥園

【制作時代】 平安時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
桂材 寄木造 漆箔 彫眼 平安時代
像高 227.0cm

 今から2600年程前、インドで慈悲と智慧の二つの徳をそなえ、さとりを開いてこの世で迷い苦しむ人々を救ったのが釈迦で、この姿に宗教的理想を加味したのが釈迦如来像です。
 温和な顔立ちや、柔らかな衣文の表現などに、平安時代に活躍した定朝(じょうちょう)の作風に通じるものがあります。ただし光背(こうはい)は伝わらないし、台座も新しく造られました。どの堂に安置されていたかは不明で、近年まで東金堂内に仮に安置されていました。