文化財

「国宝」「重要文化財」

木造四天王立像(もくぞうしてんのうりゅうぞう)


©飛鳥園

【制作時代】 平安時代
【安置場所】 東金堂
【文化財】 国宝
桧材 一木造 彩色 瞳は黒漆 平安時代
像高  持国(じこく)天像162.5cm
  増長(ぞうちょう)天像161.0cm
  広目(こうもく)天像164.0cm
  多聞(たもん)天像153.0cm

 東金堂須弥壇(しゅみだん)の四方に安置されます。持国天像と増長天像は正面を向き、広目天像と多聞天像は互に内側を向きます。像や邪鬼(じゃき)の頭髪、体の一部に漆を盛り上げて肉づけし、瞳には黒漆を用います。頭上から足下の邪鬼(じゃき)、台座(だいざ)まで1木の桧材で彫りおこされたために肉太となり、重量感あふれる像です。