文化財

「国宝」「重要文化財」

木造金剛力士立像(もくぞうこんごうりきしりゅうぞう)


©飛鳥園

【制作時代】 鎌倉時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 国宝
桧材 寄木造 彩色 玉眼 鎌倉時代
像高 阿形像 154.0cm 吽形像 153.7cm

 金剛力士は南大門など門の左右に安置されますが、これは鎌倉時代再興期の西金堂須弥壇上に安置されていました。リアルな筋肉表現、バランスのよさなど鎌倉彫刻の特徴を遺憾なく発揮する像として知られます。吽形(うんぎょう)の右足ほぞ(あしほぞ)に「西金堂力士」、「正應元年戌子十月十日奉修復西金堂」の墨書、また像内に正應元年(1288)に両像が大仏師善増、絵所大仏師観実によって修復されたことが記されます。
 その表現から、向かって右に阿形(あぎょう)を、左に吽形(うんぎょう)が安置されていたことが分かります。