文化財

「国宝」「重要文化財」

木造広目天立像(もくぞうこうもくてんりゅうぞう)


©飛鳥園

【制作時代】 平安時代
【安置場所】  
【文化財】 重要文化財
桂材 一木造 彩色 彫眼(瞳は黒漆) 平安時代
像高 157.4cm

 四天王で西方守護神広目天像です。足下の邪鬼も含めて一木の桂材から彫り出した力強い像で、瞳に別材を入れ、邪鬼(じゃき)の表面を塑土(そど)で仕上げるのは古い造りです。本来安置されていた堂は不明で、四天王像のあとの3体は寺から出ています。