文化財

「国宝」「重要文化財」

木造阿弥陀如来坐像(もくぞうあみだにょらいざぞう)


©飛鳥園

【制作時代】 鎌倉時代
【安置場所】 仮講堂
【文化財】 重要文化財
桧材 寄木造 漆箔 彫眼 鎌倉時代
像高 225.7cm

 西方極楽浄土(ごくらくじょうど)の国王で、私達に死後の安心を与えて下さる如来です。
 興福寺の子院観禅院大御堂(かんぜんいんおおみどう)の本尊と伝えられ、親指と人差し指で輪をつくる来迎印(らいごういん)を結びます。鎌倉時代初期の作です。