文化財

「国宝」「重要文化財」

木心乾漆造四天王立像(もくしんかんしつぞうしてんのうりゅうぞう)


©飛鳥園

【制作時代】 平安時代
【安置場所】 北円堂
【文化財】 国宝
木心乾漆造 漆箔 彩色 平安時代
像高  持国(じこく)天像136.6cm
  増長(ぞうちょう)天像136.6cm
  広目(こうもく)天像139.7cm
  多聞(たもん)天像134.7cm

 北円堂八角須弥壇(しゅみだん)の四方に安置されます。木心乾漆(もくしんかんしつ)造は、桧材を荒彫りし、麻布を漆で1層または2層貼りつけ、木粉を混ぜた漆を盛り彩色を施した技法です。増長天と多聞天の台座(だいざ)裏面には、これは大安寺四天王像で、延暦10年(791)4月に造立し、興福寺僧経玄得業が弘安8年(1285)に修理したことが墨書されます。大げさな身振りや、下半身に重点を置いた姿にユーモアさえ感じさせられます。
 造立年代がはっきりしていることから、平安時代初期の木心乾漆(もくしんかんしつ)像の基準作品として、見逃すことができない像です。