文化財

「国宝」「重要文化財」

目けん連像(もくけんれんぞう)


©飛鳥園

【制作時代】 奈良時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 国宝
乾漆造 彩色 奈良時代
像高 148.0cm

 地獄で苦しむ母を神通(じんつう−超自然的な能力)で救い出したのをはじめ、神通にすぐれていたので神通(じんつう)第一の人と称されました。羅羅(らごら)得度の際には目けん連(もくけんれん)が髪を剃り、舎利弗(しゃりほつ)が戒師(かいし)となります。
 像は真っ直ぐ正面を見て、両手で何かを抱かえ持ちます。