文化財

「国宝」「重要文化財」

明本抄(みょうほんしょう)


©飛鳥園

【制作時代】 鎌倉時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
巻子装 鎌倉時代
第一巻 縦30.7cm 全長1458cm 紙数31紙
付 建暦二年十二月二十三日貞慶付嘱状等(6通)

 鎌倉時代に南都仏教を復興した解脱上人貞慶(げだつしょうにんじょうけい)(1155〜1213)の因明(いんみょう)に関する選述書で、弟子の光明院覚遍(こうみょういんかくへん)と正覚院良算(しょうかくいんりょうさん)が代筆したものです。ただし下帙(ちつ)の外題、見返しの問題目録、第十三奥書は貞慶の自筆です。一、三、六、十巻は紙背を利用したもので、巻第十の紙背文書の中に、法勝寺九重塔に関する建暦元年(1211)頃の栄西(ようさい)自筆の書状があります。
 因明(いんみょう)とは正しい推論が成立するための理由に関する学の意味で、仏教における論理学の総称です。