文化財

「国宝」「重要文化財」

篳篥譜(しちりきふ)


©飛鳥園

【制作時代】 鎌倉時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
袋綴装 鎌倉時代
縦25.6cm 横20.8cm 紙数40紙

 篳篥(しちりき)は、唐楽(とうがく)や高麗楽(こまがく)に用いられる短い縦笛で、その音色は鋭く重厚で、哀調を帯び、施律演奏が円滑なため、雅楽の三管楽器(笙、篳篥、龍笛)のうち主施律を受け持ちます。中国西域の亀滋(きじ)の楽器で、中国南北朝時代に胡楽器として伝わり、やがて日本に伝えられました。
 この楽譜は鎌倉時代に書写されたものです。現存する楽譜で鎌倉時代にさかのぼる遺例はまれで、音楽史上、特に南都楽所(なんとがくそ)研究上貴重です。