文化財

「国宝」「重要文化財」

日本霊異記(にほんりょういき)上巻


©飛鳥園

【制作時代】 平安時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 国宝
巻子装 平安時代
縦29.6cm 全長870cm 紙数17紙

 僧景戒(けいかい)の撰になるもので、序によれば中国の冥報記(めいほうき)などの因果応報譚(いんがおうほうたん)にならい、景戒の見聞きした日本の奇瑞譚(きずいだん)を集め、後世に伝えるために書かれた、とあります。奈良時代の説話を中心に雄略天皇の治世から年代順に116話を収録したもので、弘仁年間(810〜824)に成立しました。
 巻首に「日本国現報善悪霊異記 上巻 諾楽 右京薬師寺沙門景戒録」、巻末に「延喜四年五月十九日午時許写已畢」(延喜四年(904))とあって、現存最古の古写本です。これは『金蔵要集論(こんぞうようしゅうろん)』の紙背(しはい)に書写されています。