文化財

「国宝」「重要文化財」

ニ天王画像(にてんのうがぞう)


©飛鳥園

【制作時代】 鎌倉時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
絹地彩色 掛軸装 鎌倉時代
縦 135.5cm 横 96.0cm

 四天王の持国天(じこくてん)像と増長天(ぞうちょうてん)です。持国天の左脇には旗をつけた戟(げき)を支える赤邪鬼(じゃき)、右脇には弓を肩にかけ両手に矢を持った青邪鬼(じゃき)を、また増長天像の左脇には左手をかざし遠くを見すえた肌色の邪鬼(じゃき)を従えます。本来四天王(してんのう)像に踏みつけられる邪鬼(じゃき)を従者としたものです。