文化財

「国宝」「重要文化財」

銅造薬師如来坐像(どうぞうやくしにょらいざぞう)


©飛鳥園

【制作時代】 室町時代
【安置場所】 東金堂
【文化財】 重要文化財
銅造 漆箔 室町時代
像高 255cm

 薬師如来は、はるか東方にある清らかで平和な浄瑠璃光(じょうるりこう)世界の教主で、人々の災いや苦を除き、病気を治し、寿命を伸ばし、楽を与え正しい道を歩むことを教えて下さる如来です。
 東金堂の本尊で、土形原型による鋳銅造で、応永22年(1415)当時の丈六(じょうろく)鋳銅像造立の苦労がうかがえます。