文化財

「国宝」「重要文化財」

銅造日光・月光菩薩立像(どうぞうにっこう・がっこうぼさつりゅうぞう)


©飛鳥園

【制作時代】 白凰時代
【安置場所】 東金堂
【文化財】 重要文化財
銅造 鍍金 白鳳時代
像高 日光菩薩像300.3cm 月光菩薩像298.0cm

 薬師如来の浄瑠璃光(じょうるりこう)世界の代表的2菩薩で、薬師如来が人々のために働いておられるのを補佐する菩薩で、向って右に日光菩薩、左に月光菩薩を安置します。
 両像ともに、本尊側の臂(ひじ)を曲げ、掌を前方に立て、外側の臂(ひじ)は下に垂らし掌を下に向け、本尊側に腰をひねっています。髻(もとどり)を高く結い、正面に阿弥陀如来(あみだにょらい)像の化仏(けぶつ)をつけます。
 銅造仏頭とともに、飛鳥山田寺から運ばれてきたのですが、仏頭とは造像技法、表現方法が異なるので、7世紀末の造像になるものと思われます。