文化財

「国宝」「重要文化財」

銅造鰐口(どうぞうわにぐち)


©飛鳥園

【制作時代】 鎌倉時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 県指定文化財
銅造 鎌倉時代
面径57.6cm

 鰐口(わにぐち)は堂前の軒にかけて、礼拝の時に、太い緒を振って打ち鳴らす仏具です。
 東金堂にかけられていたもので、刻まれた銘文から建長8年(1256)に法華寺金堂用に造られ、明治時代に東金堂に奉納されたことが知られます。面径が大きく、肩幅も厚く、鼓面のふくらみも豊かで、中央の単弁8葉蓮華形の撞座(つきざ)も雄大です。