文化財

「国宝」「重要文化財」

中金堂鎮壇具(ちゅうこんどうちんだんぐ)


©飛鳥園

【制作時代】 奈良時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 国宝
奈良時代

 堂塔を建てる時、永く安泰であることを願って、地の神を鎮め、まつる儀式が行なわれますが、この時に埋納する品を鎮壇具(ちんだんぐ)といいます。
 奈良時代初期に創建された中金堂に埋納された大量の鎮壇具が、明治7年(1874)と17年(1884)、それに平成13年(1991)の3度にわたって須弥壇(しゅみだん)下から発見されました。その内容は供養具、金銀、貨幣、刀剣、玉類、鏡類など1,800点にも及び、その種類の豊富さと豪華さは、他に例をみない豪華なものです。
 明治7年(1874)出土の鎮壇具は東京国立博物館に、明治17年(1884)と平成13年(2001)出土の鎮壇具は興福寺に蔵されます。
明治7年(1874)と明治17年(1884)出土品が国宝に指定されますが、明治17年(1884)の興福寺所蔵の国宝鎮壇具は次の通りです。