文化財

「国宝」「重要文化財」

造興福寺記(ぞうこうふくじき)


©飛鳥園

【制作時代】 平安時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
袋綴装 平安時代
縦31.7cm 横26.0cm 紙数55枚

 永承元年(1046)12月24日、興福寺は北円堂を除いて全焼します。創建以来はじめての大惨事でした。この書は翌2年正月22日から、3年3月2日の落慶、そして3月26日の東金堂手斧始(ちょうなはじ)めまでの再建記録で、当時の興福寺再建事情が詳しく知られる貴重な資料です。
 紙背に長承4年(1135)から保延3年(1137)までの年紀を持つ消息や、荘園関係の文書がみられるところから、この頃に書写されたことが知られます。