文化財

「国宝」「重要文化財」

宋版一切経(そうはんいっさいきょう)


©飛鳥園

【制作時代】 中国宋時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
版経 折本装 中国宋時代(12〜13世紀)
『大宝積経』巻第百二 縦30.3cm 横11.2cm

 僧侶の数が増え、また仏教が広く一般人の研究対象になると、多種多量の経典が必要になります。これは日本だけでなく、中国や朝鮮も同じ状況で、これら大量の需要に答えるために印刷された経典の頒布は、時代の要求でした。
 これは中国宋から輸入された一切経で、南宋時代靖康元年(1126)の思渓版(しけいばん)、磧砂版(せきさばん)(延聖院版)、祥符寺版(しょうふじばん)の混合版で、約1,500種、4.354帖以上が108箱に納められます。
 例えば、磧砂版(延聖院版)の『大宝積経(だいほうしゃくきょう)』巻第百二は、1板1紙、1紙30行、1行17文字、半面6行、単辺、38折半です。巻末に紹定4年(1231)に趙安国が都での勧縁大壇越(かんえんだいだんおつ)となり寄付をつのって開版した旨が刻まれます。
 また興福寺僧によって鎌倉時代末期ころの字音がつけられており、実際に使われたことが知られる。