文化財

「国宝」「重要文化財」

僧綱補任(そうごうぶにん)


©飛鳥園

【制作時代】 平安時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
巻子装 平安時代
第一巻 縦29.85cm 全長1723cm 紙数43紙

 僧綱(そうごう)は全国の僧尼を統轄する機関で、僧正(そうじょう)、僧都(そうず)、律師(りっし)からなります。本書は僧綱制度が設けられた推古32年(624)から永治2年(1142)までの519年間の僧網補任、昇進、退任、死亡の年月日などを列記しています。その上興福寺維摩会(ゆいまえ)などの主要な法会も併記し、また紙背(しはい)には関係資料の抽出もあり、貴重な資料となります。