文化財

「国宝」「重要文化財」

厨子入り木造弥勒菩薩半跏像(ずしいりもくぞうみろくぼさつはんかぞう)


©飛鳥園

【制作時代】 鎌倉時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
桧材 寄木造 漆箔 玉眼 鎌倉時代
付 弥勒仏、弥勒菩薩、千仏摺仏 190枚
像高57.7cm 厨子高165.8cm

 釈迦の後継者として56億7千万年後にこの世にあらわれて、人々を苦しみから救うとされる菩薩です。弥勒信仰は、弥勒菩薩とともに兜率天(とそつてん)で56億7千万年間を過ごし、菩薩が如来となってこの世にあらわれる時に、ともに再生して救われようとするものです。
 もと興福寺大乗院持仏堂(だいじょういんじぶつどう)に安置されていました。像底板の中央に穴を開け、多数の印仏(いんぶつ)や摺仏(しゅうぶつ)が納められていました。
 厨子(ずし)は春日厨子(かすがずし)風で、各面とも両開きの扉で、内面には祖師(そし)像などを描いています。