文化財

「国宝」「重要文化財」

成唯識論(じょうゆいしきろん)


©飛鳥園

【制作時代】 平安時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
紺紙金字 巻子装 平安時代
巻第一 縦25.1cm 全長686cm 紙数13紙

 『成唯識論(じょうゆいしきろん)』は法相(ほっそう)学徒の基本書で自ら書写したり、版本を手に入れたりすることがおこなわれてきました。また春日神が法相擁護(ほっそうようご)の神とされるところから、春日社にも多く奉納されました。
 伝来や書写年代は明らかではありませんが、平安時代後期のもので、紺紙に銀界を施し、金泥で書写します。表紙は紺地二重菱文紗に金泥の鳥草木文、見返しは紺地小菱文綾に金泥で蝶鳥水辺文を描きます。