文化財

「国宝」「重要文化財」

成唯識論巻第十(じょうゆいしきろんかんだいじゅう)


©飛鳥園

【制作時代】 奈良時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
巻子装 奈良時代
縦26.4cm 全長924cm 紙数17紙

 『成唯識論』(全十巻)は、インド大乗仏教の論書で、護法菩薩(ごほうぼさつ)らが著し、唐の玄奘(げんじょう)が漢訳したものです。「外界のあらゆる存在は唯だ内界の識、つまり心によって造り出されたものにすぎない」との思想にもとづいて、諸法無我の理を説く唯識(ゆいしき)思想を集大成した、興福寺法相宗(ほっそうしゅう)(唯識宗)のよりどころとする基本的な書です。
 この『成唯識論』巻第十は『坤宮官一切経(こんぐうかんいっさいきょう)』のうちの1巻で、奥書から天平宝字5年(761)正月18日に東大寺写経所の経師であった小治田弟成(おはりだおとなり)によって書写されたことが知られます。
 『坤宮官一切経』は天平宝字4年正月に光明皇太后の願いにより東大寺奉写一切経所で開始され、5330巻が書写されました。