文化財

「国宝」「重要文化財」

慈恩大師画像(じおんだいしがぞう)


©飛鳥園

【制作時代】 平安時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
絹地彩色 掛軸装
大乗院(だいじょういん)伝来 縦242.2cm 横124.2cm 平安時代
一乗院(いちじょういん)伝来 縦179.5cm 横80.6cm 鎌倉時代

 興福寺法相宗(ほっそうしゅう)をはじめられた慈恩大師窺基(じおんだいしきき)の画像です。
 大師は唐の貞観6年(632)長安に生れ、17歳で出家し玄奘(げんじょう)の弟子となり瑜伽(ゆが)や唯識(ゆいしき)の奥義をきわめ、永淳元年(682)52歳で大慈恩寺(だいじおんじ)で亡くなられました。玄奘がインドから持ち帰った法相宗(ほっそうしゅう)を大成し、『成唯識論(じょうゆいしきろん)』をはじめ多くの訳経や『成唯識論述記(じょうゆいしきろんじゆつき)』などの注疏(ちゅうそ)があるところから、百本の疏主(そしゅ)、百本の論師と称せられます。大慈恩寺で研究を積んだために、慈恩大師とたたえられます。
 天暦5年(951)以来11月13日の大師の忌日に厳修された「慈恩会(じおんえ)」は、大師の学恩に報謝し、学侶達が唯識を研究するための法会で、興福寺では「維摩会(ゆいまえ)」に次ぐ大会として重んぜられました。
 この画像は「慈恩会」の会場正面に懸けられました。大師は身長6尺5寸の偉丈夫で、顔は満月のごとく張り、瞳は雷光のごとく輝いていたと言われるように、堂々として生気あふれる姿態が、長大な画面一杯にゆったりとした構図で描かれます。やや反り身にして両足を開き、左足を少し前に出し、法衣の裾をひろげ、安定した画面です。
 大乗院像は両足をそろえ、直立した姿勢で動きは少ない。
 一乗院像は左足を前に出し、裾を開いて半身にかまえ、ゆったりとした姿勢を取ります。