文化財

「国宝」「重要文化財」

聖徳太子伝暦(しょうとくたいしでんりゃく)


©飛鳥園

【制作時代】 鎌倉時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
折本装 鎌倉時代
上本・本 縦15.4cm 横11.5cm 33折

 延喜17年(917)に藤原兼輔が撰したもので、太子の一生を年代記風に記述しています。奥書から、文永4年(1267)に定林寺(太子建立の寺)で写した慶重の書写本を、徳治2年(1307)に良厳が菩提寺(橘寺)往生院(聖徳太子誕生所と伝える)で書写したことが知られます。ともに太子因縁の地で書写されてきたました。