文化財

「国宝」「重要文化財」

舎利厨子(しゃりずし)


©飛鳥園

【制作時代】 南北朝時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 県指定文化財
南北朝〜室町時代
高さ29.5〜32.2cm

 舎利(しゃり)は、梵語(ぼんご)のシャリーラ(sarirar)を漢字にあてたもので、本来は身体を指します。釈迦の入滅後、その身体は火葬され、人々は遺骨を釈迦の身体と考え、塔を建て礼拝供養します。日本の五重塔や三重塔はその舎利を納めるための建物です。やがて堂内にも舎利が奉安されるようになり、また多くの要望に答えるために、より簡便で量産が可能なはめ込み式の舎利厨子(かんそうしゃりずし)が造られるようになります。
 慶長4年(1599)の寄進銘がある厨子は前後両面に両扉を構え、正面内壁に舎利容器をはめ込み、扉裏の向かって右に不動明王(ふどうみょうおう)、左に愛染明王(あいぜんみょうおう)像を描きます。背面内壁に不空羂索観音(ふくうけんさくかんのん)像(南円堂本尊の姿)を描き、右下に童子を従えた玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)像が立ちます。扉裏に四天王像を2体づつ描いています。春日社第一宮の武甕槌神(たけみかづちのみこと)の本地仏(ほんちぶつ)として寄進され、その製作は南北朝時代にさかのぼります。
 この他興福寺には、天文6年(1537)、天文23年(1554)の寄進銘があるものを含め、計4基の舎利厨子(しゃりずし)が伝えられます。