文化財

「国宝」「重要文化財」

し州大師画像(ししゅうだいしがぞう)


©飛鳥園

【制作時代】 鎌倉時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
絹地彩色 掛軸装 鎌倉時代
縦149.0cm 横124.2cm

 州大師慧沼(ししゅうだいしえしょう)(650〜714)は、慈恩大師窺基(じおんだいしきき)の弟子で、中国法相の第二祖と仰がれた。『成唯識論了義燈(じょうゆいしきろんりょうぎとう)』を著し、窺基法相学(ききほっそうがく)の正当性を主張したのをはじめ、多くの注疏や訳経があります。
 興福寺では平安時代以降12月11日の大師の忌日に画像を観禅院大御堂(かんぜんいんおおみどう)の内陣(ないじん)正面にかかげ、その徳をたたえる「州会(ししゅうえ)」が催されてきました。
 この像は本尊画像で、袖の下に隠した両手で払子(ほっす)をはさみ、台の上に坐ります。引き締まった知的な顔を描きます。