文化財

「国宝」「重要文化財」

色紙薬師経(しきしやくしきょう)


©飛鳥園

【制作時代】 平安時代中期
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
巻子装 1巻 平安時代中期
縦26.7cm 横554cm 紙数14紙

 木造薬師如来坐像の像内に、蓮台(れんだい)に乗せられた竹筒に、長和2年(1013)の奥書きを持つ『色紙薬師経』と、宝治元年(1247)の奥書きを持つ『薬師経』が巻き重ねて納められていました。
 『色紙薬師経』は色紙経として年紀の明らかな最古の例で、また納入経の古例のひとつで、そのうえ墨書から像の造立年代が知られることは、彫刻史上貴重なものです。料紙は黄土、薄紫、薄藍、濃朽葉の色紙4種類を14枚継いで、墨界を施します。巻末に長和2年8月12日に沙門輔靜(しゃもんぶじょう)が仏堂を造り、この経を自筆したことなどが、さらに別筆で宝治元年(1247)5月4日に修理を施したことが書かれます。