文化財

「国宝」「重要文化財」

三重塔(さんじゅうのとう)


©飛鳥園

【制作時代】 鎌倉時代
【安置場所】
【文化財】 国宝
3間 三重塔婆(とば) 本瓦葺 鎌倉時代
高さ 19m

塔は仏教の祖釈迦の舎利(遺骨)をおさめる墓標。寺の権威の象徴であり、権力の誇示でもある。塔を建てることは仏法の護持であり、大きな功徳とされる。

康治2年(1143)崇徳(すとく)天皇の中宮皇嘉門院(こうかもんいん)聖子が建て、治承4年(1180)に焼失し、間もなく再建された。北円堂とともに興福寺で最古の建物。木割が細く軽やかで優美な線をかもし出し、平安時代の建築様式を伝える。

初層(しょそう)内部の四天柱(してんばしら)をX状に結ぶ板には東方に薬師如来像、南に釈迦如来像、西に阿弥陀如来像、北に弥勒如来像を各1000体描き、さらに4天柱や長押(なげし)、外陣(げじん)の柱や扉、板壁には宝相華文や楼閣(ろうかく)、仏や菩薩など浄土の景色、あるいは人物などを描く。