文化財

「国宝」「重要文化財」

細字法華経(さいじほけきょう)


©飛鳥園

【制作時代】 奈良時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
巻子装 奈良時代
縦27.8cm 全長1994cm 紙数35紙

 『法華経(ほけきょう)』(一部八巻二八品)はインド大乗仏教初期に成立した経典で、古くからこの経をよりどころとして、学派を確立した人は多くいます。
 通例の写経は1行17字ですが、細字経は倍の34字を筆写します。黄麻紙35枚を継いで、1紙60行に淡墨の界線を施します。巻末に「天平十六年歳次甲申五月廿日書写竟」(天平十六年(744))の奥書のある、現存最古の細字経です。