文化財

「国宝」「重要文化財」

護法善神扉絵(ごほうぜんしんとびらえ)


©飛鳥園

【制作時代】 鎌倉時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
板絵彩色 扉絵 鎌倉時代
縦88.4cm 横30.2cm

 大般若経(だいはんにゃきょう)六百巻を納める六角厨子(ずし)の両開き扉12面の内側に、諸尊を描いた扉絵で、各像の上方の短冊に諸尊名を墨書します。
 大般若経に縁の深い四聖(しせい)ーすなわち阿難尊者(あなんそんじゃ)、常啼菩薩(じょうたいぼさつ)、法涌菩薩(ほうゆうぼさつ)、玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)、それに梵天王(ぼんてん)、天帝釈(てんたいしゃく)、持国天(じこくてん)、増長天(ぞうちょうてん)、広目天(こうもくてん)、多聞天(たもんてん)、閻魔王(えんまおう)、娑伽羅龍王(さからりゅうおう)など仏法を守護する諸天や龍王です(図版写真は南扉から右回りの順)。