文化財

「国宝」「重要文化財」

金銅燈籠(こんどうとうろう)


©飛鳥園

【制作時代】 奈良時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 国宝
銅造 平安時代
総高 236cm

 南円堂正面に置かれた燈籠(とうろう)で、南円堂創建当初の唯一の伝来品で、火袋扉(ひぶくろとびら)の銘文から、弘仁7年(816)に造られたことが知られます。日本の金属製燈籠で、東大寺大仏殿前の燈籠についで古いもので、世に南円堂形と称されました。下から台、基礎、竿(さお)、中台、火袋(ひぶくろ)、笠の6箇に分離し、頂上の宝珠は無くなっています。中台より上は当初のものですが、竿以下は鎌倉時代の補作です。中台と火袋扉には鍍金(ときん)が残っています。