文化財

「国宝」「重要文化財」

金剛般若波羅蜜経(こんごうはんにゃはらみつきょう)


©飛鳥園

【制作時代】 南北朝時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
紺紙金字 巻子装 南北朝時代
縦24.1cm 横593cm 紙数12紙

 「尊い神聖な智恵の完成」のおしえで、仏典漢訳の第一人者鳩摩羅什(くまらじゅ)が402年に漢訳した経典です。般若(はんにゃ)経典の中では『般若心経(はんにゃしんぎょう)』についで広く読まれ、日本はもとより、インド、中国でも多くの注釈書が作られました。釈迦と弟子の須菩提(すぼだい)とが対話する形で、般若(はんにゃ)思想ー空の思想の要点を簡潔に説きます。
 濃紺紙に銀界を施し、本文は銀泥で書写します。巻末の願文に、康永2年(1343)4月11日に関白二条良基が春日大明神法楽のために、春日社頭で天下泰平、家門安全、興福寺復興のことなど、十ヶ条の宿願成就のために書写したことが墨書されます。