文化財

「国宝」「重要文化財」

興福寺別当次第(こうふくじべっとうしだい)


©飛鳥園

【制作時代】 室町時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
巻子装 鎌倉時代 室町時代
第一巻 縦28.8cm 全長695cm 紙数18紙

 興福寺の最高責任者は別当(べっとう)で、はじめて任じられたのが天平宝字元年(757)の慈訓(じきん)でした。その初代慈訓から元亀元年(1570)に任じられた二百六代実暁(じつぎょう)に至る興福寺別当の伝記です。
 いずれも反故紙(ほごし)や消息(しょうそく)、訴状、懐紙(かいし)などの紙背(しはい)を利用したもので、この中には保元元年(1156)の平清盛の荘園関係の書状があります。