文化財

「国宝」「重要文化財」

講周易疏論家義記(こうしゅうえきそろんけぎき)


©飛鳥園

【制作時代】 奈良時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
巻子装 奈良時代
縦27.9cm 横1838cm 紙数35紙

 周易(易経)を講じ、いろいろな人の学説を解き明かした注釈書の部分(断簡)です。易経とは中国の五経、すなわち易経、書経、詩経、春秋、礼記の1つで、天文、地理、人物、物象を陰陽変化の原理にもとづいて説を立てた書で、周時代(紀元前11世紀頃から前3世紀頃)に大成したので、周易とよんでいます。
 易に関する注釈書や著述は多くありますが、この部分は他に例がなく、易研究の貴重な資料で、著者もまた引用される易家の著書も伝えられていませんが、書体からみて8世紀末の古写本と思われます。