文化財

「国宝」「重要文化財」

乾闥婆像(けんだつばぞう)


©飛鳥園

【制作時代】 奈良時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 国宝
乾漆造 彩色 奈良時代
像高 148.0cm

 帝釈天(たいしゃくてん)宮で簫(しょう)を吹き、音楽を流して諸神を供養します。天界の神酒ソーマの番人、また東方の守護神持国天(じこくてん)の家来ともされます。
 像は正面を向き、頭上に獅子の冠をかぶり、静かに目を閉じています。