文化財

「国宝」「重要文化財」

経典釈文(断簡)(けいてんしゃくもん(だんかん))


©飛鳥園

【制作時代】 奈良時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
巻子装 奈良時代
縦27.7cm 全長836cm 紙数16紙

 中国の陸徳明が選述した『礼記(らいき)』中庸第三十一から昏義第四十五におよぶ難読の字についての音義を書写したものです。『礼記』は周末から秦、漢時代、つまり紀元前後の中国の儒者の古礼に関する説を集めた書です。
 この部分(断簡)は天平勝宝年間(749〜757)に書写された、日本に伝わる最古の写本で、用紙は『因明四種相違断纂私記(いんみょうししゅそういだんさんしき)』が寛弘7年(1010)に書写された際に『経典釈文(けいてんしゃくもん)』と『講周易疏論家義記(こうしゅうえきそろんけぎき)』の紙背(しはい)が利用されたもので、いずれも部分でしか伝わっていません。